品質・環境方針

 

カプスゲル・ジャパン株式会社(以下当社)は、ハードカプセル、Licapsの製造、販売、及び充填機関連設備の販売を行い、医療産業及び健康食品産業に貢献しています。

<品質基本方針>
• お客様の期待を満たす又は上回る、高品質で安全性の高い効果的な製品とサービスを提供します。
• 最新の規制上の要件及び適用基準を遵守します。
• 品質マネジメントシステムを継続的に改善します。
<環境基本方針>
• 企業の責務として全てのプロセスにおいて環境の保全、及び汚染の予防を推進します。
• 全ての従業員が環境に対する意識を高く持ち、目標の達成に向け自ら行動し、努力します。

その実現のためJISQ9001:2015(ISO9001:2015)、JISQ14001:2015(ISO14001:2015)の規格要求に適合したマネジメントシステムの継続的な改善に取組み、また必要な資源を準備します。
• マネジメントレビューにおいて、当社のマネジメントシステムの評価、見直しを継続的に行います。その際、内部監査の結果や社内外のコミュニケーションの情報を活用します。
• 当社に関わる全ての法規制と、当社が従うと同意した外部利害関係者(親会社を含む)の要求事項を遵守します。また、業界規範等、当社が同意するその他の要求事項を特定し遵守します。
• 年度品質・環境目標を設定し、その進捗を定期的に確認するとともに、見直しを実施します。
• 環境目標の設定にあたっては、事業活動が環境に与える影響を適切に評価し、その結果を考慮します。
• TCS(顧客満足度向上)活動や、顧客とのコミュニケーション等により継続的に顧客の要望を把握し、事業活動に反映させます。
• 環境に配慮した製品の開発・提供に積極的に取組んでいきます。
(天然色素、植物由来原料などを用いた製品等)
• カプセル製造工程での廃棄物の発生、資源(原料やエネルギー)の消費、環境への汚染物質の放出を監視して、削減の努力をします。
• クリーンキャンペーンを継続実施して、地域の環境改善活動に協力します。

2018年3月1日

カプスゲル・ジャパン株式会社
代表取締役社長 長縄達矢